左側殺しですか。左側バッターを殺す。打ち取るということも必要でもあるし、裏もあり、左側投手を打ち崩すということもあるのよね。
やはり、左側バッターっていうのは、1塁ベースに間近いというのもあるのですから、有利なのよね。ですから、いいバッター。好打者っていうのは、左側バッターに多いです。
ですから、今日、左側バッターが半分周りいらっしゃるけれども、そのバッターを活かさないで、殺す結果、打線を分断することによって、組織として、行動させないようにすることというのも要の1つでもありますよね。
ですから、そういった選手っていうのは、必要なのかな?とね。
で、今日ですと、ハムの宮西ね。彼氏はWBCに選ばれていらっしゃるけれども、そんな相手に稼業をさせないという部分。それは重要であるのでしょうしね。そんなバッターっていうのは可愛いバッターであるが、ここで圏外を取っておかないってね。いけないのでしょうしね。
で、のちのち気になるのは森福。xn--cckbco2b3cvfh1lrat1qii1c3od.xyz

以前、乳児の少年野球の応援をめぐって来ました。

住まいを出る時折小雨が降っていて、レースができるかどうかは繊細でしたが、ひとまずレース球場に向かうとのことで建物を出ました。

車を走らせているうちにだんだんとどんよりとした雲も消え去り薄日が差し基礎、子供たちはレースができるといったはしゃいでいました。

但し、いつもなら敢然とUV対策して出向く我々は、午前の気象が気象だったので、いつもの重機材を通じていきませんでした。

球場に付くという今や晴れ間がのぞいてある。

まずい・・・。

どうしても日傘がない! 傘と言ったら車にたえず積んで掛かるビニール傘(汗)

レースが始まるあたりにはもう快晴になり、汗ばむほど陽射しが降り注ぎはじめました。

秋とはいえこれだけ晴れ上がるというUVがこわい。今や我々は周りをはばからずに、持ってきた手拭いを頭からかぶり外見まですっぽりといった覆い尽くしました。

過敏スキンの私としては、ちょっとの陽光や乾燥した様子はこわいんですよね。

もうその日は、返るなりお肌の治療にいそしみました・・・。ここ